業務案内 - メジャーテックツルミは京浜工業地帯の生産ラインを強力にサポートする工業用はかりの専門企業です。

サポート

工場の立場になってはじめて見えてくるものがある
メジャーテックツルミ - 工場の立場になって考えられるメンテナンス屋でありたい

「工場の立場になって考えられるメンテナンス屋でありたい」この創業者の決意を実践するために、メジャーテックツルミは販売、設置、修理、検査、保守といったメイン業務以外にも力を入れています。現場でのやりとりから工場にどんなニーズがあるのかを考え、既存の枠にとらわれずにサービスを展開していくことで、はかりに関するワンストップサービスを充実させることを目指しています。

50年分の知識と経験によるはかりに関するアドバイス

はかりに関することなら何でもお気軽にご相談ください

メジャーテックツルミが長年培ってきたノウハウやスキルは必要なときにいつでもご利用いただけます。JISや計量法についての相談はもちろん、はかりを新たに導入する際にどんな計量機器を設置すればその工場の問題が解決するのかといった最適化のアドバイスや、計量機器とコンピュータを連動させたシステムの構築、限られたスペースで最高のパフォーマンスを得るための配置などのコンサルティングもおまかせください。現場での課題や効率化の妨げになっている問題など、はかりに関することなら何でもお気軽にご相談ください。

完成図書の充実

トラブルにスピーディに対応

トラブルにスピーディに対応するには、問題が発生した計量器に関する正確な情報が必要です。故障部分の特定やライン復旧のためのヒントになるのが、仕様書、設計図、取扱説明書をファイリングした完成図書です。メジャーテックツルミでは、過去取り引きのあった全ての完成図書を自社で保管し、急な故障やトラブルの際に迅速に対応できるようにしています。

年に2回の展示会開催

年に2回のはかりに関する展示会

技術革新のスピードは衰えることを知りません。それどころか、ITの発達によってそのスピードはさらに加速しています。メジャーテックツルミでは、はかりメーカーや川崎市の協力のもと、年に2回のはかりに関する展示会を川崎市産業振興会館にて開催しています。この展示会では、計量業界での新しい動きなど、その時期に学ぶべき講師を招いての講演や、はかりの新商品展示などを行って、はかりに関する最新情報を参加者に提供しています。工場管理責任者、メーカー、計量業界関係者など、毎回70社100名を超える多くの方が参加しています。

京浜工業地帯を創った男

PAGE TOP