業務案内 - メジャーテックツルミは京浜工業地帯の生産ラインを強力にサポートする工業用はかりの専門企業です。

改造・オーダーメイド

効率化、コストダウンの近道
メジャーテックツルミ - 既製品の改造やオリジナル計量器の開発

より効率のよいラインを構築するために、既製品の改造やオリジナル計量器の開発など、お客様のご相談内容に合わせた計量システムの販売も行っています。
今まで開発してきた480件を超える実績が、工場の管理責任者を悩ませていた生産ラインの数々の問題を解決しています。

1.既製品の改造

移動式チェッカー

既製品を導入する場合、必ずしもその工場に最適な状態で設置や稼動ができるとは限りません。複数あるライン全てにチェッカーを入れる必要がありそうな場合でも、既製品を移動式にし、さらに高さも調整できる状態に改造すると、1台導入するだけで稼動が可能になり導入コストを大きく抑えることができます。このように、既製品を改造することでちょっとした不足を解消し、計量機器と工場のラインのパフォーマンスを最大限まで引き上げて、効率化やコストダウンを実現できます。計量システムを必要とする業種はくまなく網羅していますので、どんな業種でも対応できます。

移動式チェッカーの導入⇒複数導入のところ1台で対応できる改造で大幅なコスト削減に成功
移動式チェッカー

移動式に改造することで、全てのラインに導入予定だったチェッカーを1台のみで対応可能にし大幅なコスト削減に成功。高さの調節も可能にすることで、微妙に違う高さのラインにも対応できます。

2.はかりの周辺のカスタム

ドラム缶計量ライン

改造の範囲は計量器以外にもおよびます。以前、ベルトコンベア上でドラム缶1個ずつの重さを自動で計測するシステムで、計量ミスが発生して困っているという相談を受けました。どうやって計量ミスを防ぐか検討した結果、次のドラム缶を足止めしておくためのストッパーを開発しました。もちろん自動です。
よりよい計量のためには、ライン上の計量器以外の部分にも積極的に関わっていくことで、全体的に問題を捉えることができ、思わぬアプローチからの効率アップが可能になります。

ドラム缶計量ラインの導入⇒ベルトコンベアの計測ミスを無くすための、はかり周辺の改造成功事例
ドラム缶計量ライン

ベルトコンベア上に自動のストッパーを取り付けることで、これまでまれに発生していた2個以上のドラム缶が流れ込んでしまうという計量ミスを無くすことに成功した事例。

3.はかりやシステムのオーダーメイド

コンロッド測定システム

もちろん、1から計量機器やシステムを作り上げるオーダーメイドもおまかせください。ヒアリングで得た情報を元に、長年蓄積されてきたノウハウを持つ当社技術開発センターが理想的な計量機器、計量システムを開発します。

コンロッド測定システムの導入⇒計量治具を変えることによりあらゆる形状の重心位置を見つけ出します。
コンロッド測定システム

ひとつの部品の2端の重量を表示します。
グレード別に管理精度がひと目でわかり、+、ー数値を知ることができるようになりました。数値を出すことにより、削る量を指示。ロボットで治具に装着、取り出すことによって、コンロッドの重量管理を自動化する事ができます。

ご相談から納品までの流れ

京浜工業地帯を創った男

PAGE TOP